母指と肩甲骨の凝り

肩甲骨の凝りを招く

親指の使い過ぎが肩甲骨の凝り、脳疲労を招く。

親指へのストレス

脳疲労を招く

脳の運動野の中でも広い領域が手や指の動きの為に使われています。とりわけ母指(親指)は人間だけがもつ、固有の母指の働きがあり、筋肉、腱、神経支配をみても複雑です。母指を使う作業はそれだけで、脳労働といえます。これに目が酷使されるパソコン作業が、いかに過剰な脳労働なのかよくわかります。本来手を使うときは身体全体も連動して協調しています。親指は東洋医学でもよく頭の状態を観るのに使われる場所です。頭が疲れ、緊張やストレスなどを過剰に抱えている人は、母指の付け根辺りが張っている傾向があります。親指が意識的な脳の働きを反映しやすいということだと思います。

 

脳と母指

母指と前腕の回内

母指に力を加え様とすると、必ず前腕は回内(親指側が内側に捻じれる)します。そのことが解かりやすいのが「雑巾絞り」、パソコンの「キーボードを打つ」時です。これらの作業時に腕が内側に捻じれるのが確認出来ると思います。

手のひらの向き

「母指に力を加え様とすると、必ず前腕は内旋します」に比較して、小指側に力を加え様とすると、必ず前腕は回外(手のひらが上・前に返る)します、外旋する上腕は肩甲骨と連動し、肩甲骨を内下方に転位させます。肩甲骨周りに凝りがある方は、肩甲骨が外上方転位し、肩甲骨の可動性が失われた状態です、肩甲骨と繋がっている鎖骨と肋骨の位置もそれに応じて位置異常を起こして、猫背を誘発します、猫背が背中を丸めさせ、胸の位置が下がり、胸骨と関節をつくる鎖骨の位置も下がります。猫背は肺機能を制限し、他の内臓機能を低下させます。

  • 母指➡腕の内旋➡肩甲骨が外上方へ転位(肩甲骨がロックされ動かない)
  • 小指➡腕の外旋➡肩甲骨が内下方へ転位(肩甲骨が自由に動く)

施術

腕が外旋する事で、肩甲骨の動きが確保できる母指が伸びやすくなるのツボを使う。逆に小指を曲げやすくするツボを使う。

腕を外旋させる

上記してきた連動の関係性から、肩甲骨が内下方へ位置することができると、身体の調子が上向いていく事になります。それを母指、腕のツボ等で調整するのです。母指周りには、腕のツボ、肩甲骨周りのツボ、胸・鎖骨周りのツボとの関連が存在する事になります。母指のツボは臨床でとても重要な所です。逆に母指の不調は、腕、肩甲骨周り、胸・鎖骨周りの不調をつくるのです。母指がリラックスしていれば、健康になります。

 

母指