音を探す癖

音を探す癖

耳鳴り

隠れた難聴

耳鳴りを発症した場合、この耳鳴りが何とか消えて欲しい、無くなって欲しいとおもう反面、常に耳鳴りの音を探していたりしませんか?元々耳鳴りは難聴があるために、音が聞こえないので、音を聞こうと聴覚の感度を上げる為に、普段は気にしない音まで拾ってします場合があります。

聴力レベルは正常

聞きたくないから聞かなければ良いはずなのに、わざわざ自分で耳を澄ませて音の存在を確認している事があります。治療を開始して聴力検査オージオグラムでの数値が正常になったのに、耳鳴りがある場合などは、この傾向が強いです。

自覚的耳鳴り

自分にしか解からない音

一般に耳鳴りと呼ばれるのは、この自覚的耳鳴りのことです。突然、他の人には聞こえない高い音が耳で鳴っている様になります。この自覚的耳鳴りの原因は残念ながらはっきりと解明されていません。

脳過敏、聴覚過敏

音は本来、外耳が音を集めて中耳に伝え、鼓膜の振動が内耳に伝わり、電気信号に変換されるという経路をたどります。音がなっていないのに、勝手に耳で音がするということは、内耳から脳への神経の伝達経路過程で神経が勝手に活性化して、脳が音が鳴っていると誤って認識しているということです。ですので、耳鳴りは内耳とそのあとの脳神経に何らかの障害が起きているということが考えられます。

感音性難聴

この自覚的耳鳴りは、静かな夜や早朝に起こることが非常に多いです。この耳鳴りはさまざまな病気によっても引き起こされます、自覚的耳鳴りは、感音性難聴によって引き起こされ、感音性難聴として、騒音性難聴や、突発性難聴などがあります。ですが加齢変化とともに耳鳴りがよくするようになったり、難聴の症状がないにも関わらず起きることもあります。耳鳴りは他人には聞こえないので、なかなか客観的に評価するのが難しいため、耳鼻科でもその治療に苦戦しているのが現状です。

東洋医学的では

心的ストレス

東洋医学的な発想で耳鳴りを考えた時に、心的ストレスが影響する場合、耳鳴りの原因として、・聞きたくない・話したくない、といった心理が大きく耳に影響を与えます。耳は自分の意識に合わせて、必要な情報を取り入れる能力があります。音が入り混じった騒がしい環境の中でも、目の前の人との会話は難なくおこなえるようになっています。これはカクテルパーティー効果といい、必要とする音を自動的に分けて聞いている事になります。しかし、そもそも目の前の人の話が・聞きたくない・話したくない、といった時には、この音を聞かずに、他の音を聞こうとしたり、全ての音を拒絶する反応が現れると思います。この他の音が耳鳴り音であったり、静寂の中で耳鳴り音にかんじる可能性があります。

肉体的ストレス、疲労

感音性難聴と聴覚過敏