むち打ち・交通事故

長引く、首の痛み

交通事故

  • 自動車賠償責任保険は負担0円です。
  • 最短で最適な施術を心掛けます。
  • 予約制につき、待ち時間無しです。

首の痛み

むち打ち

強い衝撃により、首がむちを振り回すようなS字形の動きを強いられることで、様々な症状が出現する疾患が「むち打ち」です。

強い衝撃

むち打ちのメカニズム

衝撃を受けたことで、骨自体・筋肉や靱帯・椎間板を痛め、スパズム(持続性筋収縮)が筋肉に起こり、硬くなり、神経を刺激して痛みが発生し、運動制限(首が動きづらくなる)が起こったりします。

合併する症状

吐き気・めまい・頭痛

むち打ちは、交通事故などにあったその日は、ほとんど症状は現れず、数日経過した頃から首筋、背中、肩の凝りや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などの症状がでてきます。

むち打ちで、頚椎コルセット

後遺症

むち打ちの大半を占める頸部捻挫型は、本来は慢性化しないものです。適切な処置を受ければ、たいていは3ヶ月以内に良くなるというデータが出ています。

交通事故の後遺症

むち打ち症が6か月以上になった場合、効果が余り期待できない判断で「症状固定」となります。その時点で残っている症状が後遺症(後遺障害)とされます。

記憶と痛み

交通事故で受けた精神的ダメージにより、脳は常に警戒モードに入り身体を硬直してしまいます。衝撃(交通事故で受けた)に備える必要がなくても、筋肉はずっと無意識のなかで緊張した状態です。

痛みの悪循環

むち打ちの症状が長期化する背景には「身体へのダメージ」だけでなく、脳「事故の記憶」が深く影響しています。痛みと記憶は互いに影響し合って、悪循環を引き起こしてしまいます。無意識の中で起きているので、なかなか気が付くことができません。

当院の施術

危険性

初期の、むち打ちに対して首に直接、マッサージを行うことは非常に危険と言われます。理由は、炎症状態や筋肉の張りを考えながらおこなわなければ、症状が悪化するからです。

痛い部分を直接しない

ケガの場合、痛い場所を触って施術するべきでは無いはずです。なぜなら局所は炎症している可能性があるからです。

原因と痛み

当院は痛い部分(局所)を使わずに、その痛い部分に効果を出せるような遠隔のツボを研究していますので、初期の強い炎症期のむち打ちにも対応できます。

良くならない

病院からの痛み止め薬やリハビリ。整骨院での牽引、ハイボルテージ電気療法。鍼灸院での電気鍼、マッサージ。では良くならない「むち打ち」「腰の痛み」「腕のしびれ」などは一度ご相談下さい。

むち打ち

施術を受けたい場合

保険担当様に、当院でリハビリしたいと伝えて下さい。

  1. 当院の名前 鍼灸整骨院鶴
  2. 当院の住所 札幌市東区東苗穂6条2丁目
  3. 当院の電話 011-787-6678

損害保険担当者様へ

当院では真心の施術をさせて頂きます、ケガ・痛みから早く解放されるよう患者様、保険担当者様、当院が三方良しの関係になるよう努めます。