自賠責保険とは

自賠責保険とは

事故にあったら

こんな悩みで来院されてます

  • 現状で効果が感じられず、不安。
  • 早く治して、元気になりたい。
  • 充実した内容の施術を受けたい。
  • 時間が無いけど、何とかしてほしい。
  • 痛み止め薬を、使用したくない。
交通事故のむち打ち

自動車賠償責任保険

交通事故にあって「ぶつけられた方」、「ぶつけた方」に適応される保険です。「ぶつけられた方」、「ぶつけた方」の双方が現場で、話の折り合いをつけた(示談)の場合は、自賠責保険の適応とはなりません。

交通事故にあってしまったら

必ず、現場で警察に事故を報告し、調書を取ってもらいます。そうでなければ物損事故、人身事故として保険は認められ無いのです。次いで、相手の連絡先などを交換します。

人身事故は警察に

医師の診断を受ける

交通事故での治療の場合には、まずは病院で「どこが痛い」負傷したのかを報告し、医師に診断をしてもらう事になります。「診断名」をカルテに記載され、通院するという事になります。のちに、ここでの診断書を提出し、人身事故として保険扱いの治療が受けられます。

医師の診断

もしも、病院で

医師が患者さんのために熱心に治療を行い、そこで治療効果があれば全く問題ありません。あえて整骨院に通院する必要も無いとおもいます。しかし、病院へ通院しても「痛みが取れない」、「温湿布して終わり」など、治療の効果があまり感じられなかったり、診療時間に間に合わず、治療できなかったりすることもあります。

病院

そんな時、整骨院

医師はレントゲン、MRI、CTを撮影して診断をおこないますが、辛さ「痛み」は、それらでも原因が特定できずらいのです。また、そもそもの治療方法に疑問を感じることがあったら、患者さんとしては、何とか症状を改善させたいということで、整骨院への通院を検討するという方も多いと思います。

整骨院で交通事故

整骨院通院の注意点

気を付けたいのが、病院の治療が不満だからといって、医師に黙って整骨院に通院するのは注意が必要ということです。もし、整骨院への通院を検討するのであれば、事前に医師に整骨院での施術を報告しておくのが無難です。

経過は必ず医師に診せる

整骨院への通院が事後報告となってしまったことで不快感を示す医師がいますし、そもそも整骨院の施術を信用していない医師もいます。また、保険会社との示談交渉で整骨院の治療費や慰謝料請求が争点になった場合に、医師のカルテに「柔道整復師による施術が必要」であるということが書いてあれば賠償請求で有利にもなります。

コミュニケーション

このように、通院している医師を敵にしてしまっては、診療の際に不利を被ったり、場合によっては後遺障害認定等級にも影響する可能性だって考えられます。最終的な症状固定の診断を下すのは医師なのです。整形外科での診察時には、医師に自分の後遺症の具体的な症状を積極的に伝えると共に、良好なコミュニケーションをとっておくことが重要です。病院の医師に経過報告しながら、治療院の施術をおこない、完治させることに集中する事が大切です。

病院との併用

追伸

安心して通院して下さい

症例

当院でも、様々な事故のケース、沢山の症例、施術をしております。また、何かあった際にも対応可能です。患者さんは治療だけに専念して頂く体制をとっております。交通事故でのケガやむち打ちは後遺症が残りやすいので、きちんと施術し完治させる事が大切です。また数日後に痛みが増したりする場合もあり早めに治療に取り組むべきものです。


豆知識

1、自賠責保険とは

自動車損害賠償責任保険とは車検時に強制される保険で公道を走る全ての車、バイクに加入が義務づけられるものです。交通事故の被害者が最低限の補償を受けられる為の強制保険です。

2、保障内容について

病院や治療院での治療費負担は0円です、そのほかに、交通費としての タクシー、バスなど、有料駐車場などがあります。休業損害費として仕事が出来ない場合には保障してくれます。

3、損害賠償金について

一日通院に対し4,200円が基準となります、期間と実際に通院された日数が保障となります。

4、自分が当てた!場合は

過失が0ではない場所には、当てた、当てられた双方が被害者扱いとなりっます、よって、自賠責保険での施術が可能です。

5、保険会社の手続きは

不安、わからない事が有りましたら当院が全面サポートさせて頂きます、もしもの場合でも弁護士さんを紹介させて頂きますのでご安心して治療に専念して下さい。

電話 011-787-6678