技術について

当院の鍼施術

一般の鍼灸

一般的な鍼灸の場合、痛い場所へ施術したり、経絡治療の脈診、舌診、腹診を用いながら全身治療(体全体を良くして症状を無くそう)的なものが多く、施術後の身体の良し悪しを脈で判断する事で、患者さんに誤解を与える事があります。

本当の原因を

もしも、痛みを基準とし治療の指標としたなら、痛みをコントロールする為の薬剤でいいとおもいますが、そうではないと考えています。なぜなら原因が解決されて、痛くない状態を目指したいからです。

痛みを指標にしない

動きの指標

当院の鍼灸は脊柱(背骨)と四肢(左右の手足)との相関関係に注目した動きのツボと内臓機能と自律神経の反射するツボを使った鍼灸施術となっています。


丁度良い治療

患者さんに「鶴の施術とは?」についての質問をされた場合、いつも「料理の塩加減に例え」に似た施術と答えています。

鍼技術

少しの鍼刺激(塩加減)が患者さんの体(味覚)に合致した場合には劇的な変化(超、美味い)をもたらすことが少なくありません。逆に大きな刺激(塩辛い)は身体が拒否反応(不味い)する事の方が多いのです、これはマッサージ、電気療法、各種手技療法についても同様におもいます。


強い刺激

もしも、マッサージで…

もしも、・強いマッサージ・ボキボキする整体・ハイボルト電気刺激で良くなる人は…。強く揉む、叩く事により、必ず組織(筋肉、腱などの軟部組織)に緊張・ダメージ・損傷が加わります。

脳内モルヒネ

損傷された細胞組織の情報が脳へとフィードバックされ、脳より損傷部位へ、痛みを和らげる為の内因性オピオイド(脳内麻薬)の放出による脳の快感誤認によって、気持ちいい、痛みが少ない様な状態を作り出しますが、当然損傷された組織、細胞は回復、修復の為にエネルギーを使い、修復する時間が必要となります。また、ハイボルテージ治療機械で高い周波数、高い出力の電気を流す事で疼痛閾値が上がり、痛みが感じにくくなりますが、代償として筋肉の緊張を招きます。ストレス性の症状や痛みのある方は、ストレスを放出し満足感を得たい状態である為に刺激を求め、本当の治療とは次元の違ったものを必要としているとおもわれます。本当に治療が必要な場合には、刺激の強さや量の多さは関係無いのです。

「少」が良い理由

刺激量

「長い時間、沢山のツボへ鍼をする事」が良い施術で効果がありそう、と思われている方がほとんどのようですが、臨床の場面では、少なめで適量の方が効果を発揮しやすくなります。

最良のツボ

「痛い所の場所へ施術する」のが当たり前と思うかもしれませんが、最良なツボとは痛い所、違和感のある所では無く「治るきっかけのツボ」が最良で、それはその所にはありません。

当院(少い鍼数)

  1. 刺激量   少なめ、鮮明
  2. ツボ探し  繊細で高度な技術
  3. 効果検証  術後の検証がしやすい
  4. 体の負担  刺激が少、負担軽い
  5. 安全性   鍼数が少、リスク少

一般的(多い鍼数)

  1. 刺激量   多め、ぼんやり
  2. ツボ探し  大体で、こだわらない
  3. 効果検証  数が多、検証しずらい
  4. 体の負担  刺激が多、負担重い
  5. 安全性   鍼数が多、リスク大

効果の検証

「なぜ、鍼数が少なくて、効果を出すことが良いのか」の大事な部分に施術効果の検証と分析があります。効果があった場合もなかった場合も、そのツボについて分析する事が大切です、ツボ効果を必然とさせる為に検証は大事なものです。また次回はこちらのツボの方が良いなどの検証が、少ない鍼数だから可能となります。鍼を沢山30本もすれば、どの鍼がどうなったのかは到底わかりません。

精密なツボ探し

当院では、米粒ほどのツボを捕える技術と独自のツボの位置にこだわっています。

こだわり

ツボへ当たっていなければ効果はありません。他の鍼灸院の鍼灸師もツボにこだわっていると思いますが「こだわりの意味合いが違います」鶴では米粒のツボ中心へ鍼先をもっていく様に施術します、貫通させてはいけません、その差も効果の差となるので精密で正確なツボ探しが必要となるのです。

鍼の構造と安全性

衛生面の配慮

当院では、完全滅菌された個別包装の日本製鍼を使用し、衛生面でも充分な配慮を行っています。

日本製、使い捨て鍼

完全滅菌ディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しています。鍼による感染症の心配はございませんのでご安心ください。当院では、国産材料を使用したユニコ社、セイリン社ディスポ鍼を使用しています。鍼の長さや太さは色々な種類があり、刺鍼部位、症状、体格によって使い分けています。

日本製のディスポーザブル鍼

経穴(ツボ)こだわり

同じ日本の鍼灸師であっても、流派が違うと、治療法が異なり、使用するツボが違ってきます。

一般的ツボ

経絡経穴

現在でも、実際の臨床でツボの位置は国や流派によって異なり、それぞれ効用はあるものの、国際的な学術的議論の場では混乱の元になっていました、そこで、国際基準を設定し世界中の鍼灸師がツボの位置に違いが起こらないよう統一されることにより、ツボの科学的な解明や、西洋医学との融合が一段とすすむことが期待されています。一方で 実際によく効くツボの位置も曖昧になり、ずれています。


独自のツボ

学術的ツボと臨床的ツボは違います。当院は、いかに臨床で効果を発揮できるかをテーマとし、独自の経穴(ツボ)を使い施術します。同じ志を持った全国の仲間と研鑽し、技術、知識の習得に励んでいます。

当院の手技(整体)

ボギボギしない

患者さんとの距離、ポジショニング、触診時の触り方、呼吸などに注意しながら行います。整体施術は実にソフトで優しいのが特徴です。

活法整体

戦国時代より、戦場で生死をかけて戦う武道家・武術家が、人間の体の構造や性質などを研究し、戦闘に勝利するための技法が「殺法」、これに対して、激しい訓練や格闘によって怪我をした人の回復を早めたり、治したりするための技法が「活法」というものになります。

痛みより、動き

古武術として存在していた活法。活法では連動の回復に意識が置かれており、そのため「動き」に重点が置かており、いかに動作を回復させるか徹底的に研究されています。

気持ち

また、効果を左右する要重要素に、患者さんの積極性(治りたい気持ち)が問われ、患者さんの治療に対する積極的姿勢が回復を早めます。つまり、活法では、患者さんの積極性を利用して回復していくといえます。患者さんの「治りたい思い」に、術者も「治してあげたい思い」で手を貸し、気持ちを一つに同調し、施術するすものであれば、良くならない訳がないと言えます。

巨刺整体

左右対称が良いか?

骨格的な左右対称を目的としない考え方で、一般的な整体(カイロプラクティック)の様に左右対称に整えられれば、痛みや不調が無く、人間にとってで良好とは限らないといった考え方です。骨格的な左右のアンバランスは動作に影響を与えることもありますが、当院では、左右の対称性や痛みよりも、先ずは、思い通りに動く体であるかどうかを優先させ施術します。その 自由に動く体を正体と考えています。