クレンチング症候群

無意識の食いしばり

顎の影響

他院との違い

医師との研究

ツボの効果を医師と研究しています。

鍼の専門

顎関節症のツボと鍼を構築しています。

安全性と安心感

鍼が初めての方にも優しい刺激で施術します。


施術室

当院の施術室です。

クレンチング症候群とは

 

仕事や家事の際中、就寝中に食いしばっていると思います。

歯科、病院では

歯科、口腔外科ではマウスピースを作り、上下の噛み合わせを均等にしてスムーズに開閉できるようにします。

顎関節症のツボ

歯ぎしり、食いしばり

なぜ「食いしばってしまうのか」を深掘りしなくては解決しません。

手のツボが有効です。

全身の緊張

お尻のツボが全身の緊張を緩めます。

クレンチング症候群の鍼

人は臼歯を持っています、つまり食物を磨り潰しているということです。そのため顎の側方と前後、上下への自由な可動性があります。

咀嚼(咬み方)

顎関節の臼摩運動のため、正確には左右の顎で使い方が違っています。側頭部こめかみに鍼のツボがあります。

顎関節症の症状が重い場合は、側頭部の調整が必要です、外側翼突筋へのアプローチです。

施術者(鍼灸師)

はじめまして、院長の太田純貴です。クレンチング症候群の様々な症状を鍼灸のツボで施術します。

早期の解決を目指して

歯科、病院でマウスピースをしても、症状の改善がみられないなら相談して下さい。