慢性疲労症候群

全身の痛み、だるさ

慢性疲労症候群

他院との違い

医師との研究

ツボの効果を医師と研究しています。

鍼の専門

慢性疲労症候群に鍼が有効です。

安全性と安心感

鍼が初めての方にも優しい刺激です。


受付

完全予約制 日/祝
09:00〜12:00 -
13:00〜19:00 - - -
休診日:月曜日              

祝日9:00~12:00(月曜の場合休み)

料金

施術室

当院の施術室です。

慢性疲労症候群とは

全身で起こる6カ月以上の慢性的な筋肉や関節の強い痛みと同時に倦怠感や睡眠障害など不定愁訴を訴える症候群です、10の特徴より5項目に該当した場合に医師により慢性疲労症候群と診断されます。

慢性疲労症候群の特徴

  • 1.労作後疲労感(労作後休んでも24時間以上続く)
  • 2.筋肉痛
  • 3.多発性関節痛(腫脹はない)
  • 4.頭痛
  • 5.咽頭痛
  • 6.睡眠障害(不眠、過眠、睡眠相遅延)
  • 7.思考力・集中力低下
  • 8.微熱
  • 9.頚部リンパ節腫脹(明らかに病的腫脹と考えられる場合)
  • 10.筋力低下

病院での治療

病院では

抗うつ薬、ビタミン薬を処方する場合が多く、治療法は確立されていません。その為認知行動療法や運動療法、疼痛コントロールが施されています。

慢性疲労症候群への鍼

慢性疲労症候群の鍼

全身で起こる痛みへの対応と慢性的な体調不良への施術となります。

慢性疲労症候群のツボ

経絡

慢性疲労症候群は主として運動器、筋骨格系の痛みを訴えますので鍼灸の経絡施術が有効です。

後頭部と腰仙部

来院される殆どの方は後頭部に緊張がみられます。

 

脳脊髄液の循環とインパルスを賦活させます。

腹診(お腹の圧痛)

お腹の反応で施術に必要なツボが判断できます。

施術者(鍼灸師)

はじめまして、院長の太田純貴です、慢性疲労症候群の悩みを東洋医学でサポートします。

早期回復と問題解決を目指して

当院は、慢性疲労症候群の痛みを鍼灸のツボで施術します。

お問合せ/予約

返信が翌朝になることがあります。

お問合せ、予約は↑をタップして下さい。