月経前症候群(PMS)

諦めていませんか?

月経前症候群(PMS)は改善できます。女性だから、当たり前とおもっていませんか?

月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)とは、生理前に起こる精神面や身体面の不調のことです。月経がくると症状が軽減し次第になくなります。日本産婦人科学会の用語解説集では「月経前3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状…」と定義されてます。

こんな悩み

身体の不調、会社や家庭でのコミュニケーションに困っていませんか?これらの症状がある場合、月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)の可能性があります。

  • 生理前に肌が荒れる
  • 頭痛や身体のだるさ
  • ひどく気分が落ち込む
  • イライラ、情緒不安定
  • 感情のコントロールできない
月経前症候群

原因

月経前症候群(PMS)

原因は分かっていません。仮説として、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。排卵がある女性の場合、排卵から月経までの黄体期にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。この黄体期の後半に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こす事が、PMSの原因と考えられています。しかし、脳内のホルモンや神経伝達物質はストレスなどの影響を受けるため、PMSは女性ホルモンの低下だけが原因ではなく多くの要因から起こりいえます。はっきりとした原因が分からないのが月経前症候群(PMS)ですから、薬を服用しても、生活習慣を改善しても良くならない方が、多いのです。

月経前気分・不快気分障害(PMDD)

月経前不快気分障害、月経前気分障害(PMDD)はPMSでも、特に精神的症状が強い場合に診断されます。

生理前になると

あなたの症状は、生理前になると、悪化しやすくなりませんか?女性の生理の際、2つの女性ホルモンが関わっています。生理の約2週間前になると、2つの女性ホルモンが変化をするため、これら女性ホルモンの変化や乱れによって、症状が悪化してしまいます。なぜなら、女性ホルモンをコントロールしているのは、脳の視床下部と言われる場所にあり、同じ視床下部には、自律神経のコントロールを行っている場所もあり、2つのルートはとても近いため、お互いに影響を受けてしまう為です。

自律神経の不整

自律神経の働きに、消化器機能のバランスを保つという働きがある為、自律神経が乱れることにより、消化器機能の乱れがおきます。脳はこれらのことを、ストレスと感じますので、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)を放出します。その結果、お腹の痛みや、体調不良が起きます。また、視床下部は、不安や怒りなど情動が関係する、大脳辺縁系などとの繋がりも強いため、女性ホルモンや自律神経の乱れは、精神的な症状にも関係してきます。そのため、生理前や生理中は不安感やイライラなど、情緒不安定になりがちです。

薬を使わない選択

ツボは手足にあります

月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)を根本改善できるツボは手足にあります。手足のツボに鍼をすると、刺激は受容器からが賦活され、その刺激は脊髄に連絡し、脳へ伝達されます。脳の視床下部・扁桃体が、刺激を受け、痛みを改善する物質を分泌するように働き、前向き感、やる気が起こります。この作用を体性自律神経反射といいます。鍼刺激には、この体性自律神経反射を活性化できることが、様々な臨床試験で明らかにされています。また、扁桃体は情動を司る場所でもあり、そこに血液が多く送り込まれることにより、扁桃体が落ち着き、精神的な安定感を得られる効果が望めます。

手足のツボ

四肢の合穴を使う

また、鍼治療で、四肢(手足)のツボに鍼刺激を与えることにより、その刺激が脊髄を通り脳の視床下部・下垂体、扁桃体に作用し。その結果、脳内からセロトニンの分泌が増え、セロトニン不足が原因の月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)が改善されていきます。また、βエンドルフィン、アドレナリンなど、やる気物質も放出され、脳の血流量が増加することも解っており、血流の増加により脳が栄養され、セロトニンなどの量が増える、脳の働きが安定するなどの作用があり、精神的緊張緩和も期待できます。

統合治療

月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)は、多方面からのアプローチが必要です。

多方面からアプローチ

月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(PMDD)の症状である頭痛、お腹の張り、腹痛、手足の冷え、熱りなどの身体の症状を注目することも大切なことになります。これらを解決するには、鍼治療で、身体全体を観察し、施術することが効果的です。月経前症候群、月経前不快気分障害は人により症状が様々です。

ホルモンバランス

根本的に改善していくためにはホルモンのバランスを整えていく必要があります。お腹の冷えている部分や硬い部分があると内臓の働きに影響し、痛みにつながります。子宮や卵巣は骨盤に守られて位置しています。その骨盤や股関節の動きをよくすることで、骨盤内の子宮・卵巣の血流を促していきます。血流が増えることは、痛み物質であるプロスタグランジンが古い血液中に存在していますので、古い血液が流れる事で、痛みが減少します。

自律神経

また、血液中に含まれる酸素が、子宮・卵巣に送り込まれることにより、その活動が活発、その情報が視床下部に伝わり、生理周期が安定してきます。生理周期が安定し、ホルモンバランスが正常になることにより、セロトニン分泌量も安定してきます。肉体的ストレスで体が緊張状態であると脊髄に求心され、自律神経も乱れやすくなります、過剰な体の緊張を取り除くこので、肉体的緊張と内臓の活性を導き、肉体的緊張の緩和は精神的的緊張を和らげます。