生理痛、月経前症候群

生理前になると

生理痛(月経痛)は良くなります。仕方がないと思っていませんか?


鍼の効果を医師と共に研究しています。


頭痛、腹痛、倦怠感、イライラへ鍼の技術を構築しています。


生理痛が軽減され、毎日を気分良く過ごす事が出来ます。

鍼灸院鶴の案内

月経前症候群

これらの症状がある場合、月経前症候群の可能性があります。

月経前症候群

生理前になると、これらの症状で辛くなりませんか?女性は生理の約2週間前になると、2つの女性ホルモンの分泌が急激な変化によって、問題を起こします。

  • 生理前になるとイライラする
  • 身体がだるい
  • ひどく気分が落ち込む

月経前症候群(PMS)とは、生理前に起こる精神や身体の不調をいいます。

日本産婦人科学会の用語解説集では「月経前3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状」と定義されてます。

原因

原因は分かっていません。仮説として、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。

月経前症候群(PMS)

排卵がある女性の場合、排卵から月経までの黄体期にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。この黄体期の後半に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し環境のバランスを失う事が原因と考えられていますが、女性ホルモンの低下だけが原因ではないと考えられます。

月経前気分・不快気分障害

月経前症候群の精神症状が強い場合を月経前不快気分障害、月経前気分障害(PMDD)といいます。

お腹の痛み

自律神経の働きに、消化器機能のバランスを保つという働きがある為、自律神経が乱れることにより、消化器機能の乱れがおきます。脳はこれらのことを、ストレスと感じますので、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモンを放出します。その結果、お腹の痛みや、体調不良が起きます。

イライラ

視床下部は、不安や怒りなど情動が関係する、大脳辺縁系などとの繋がりも強いため、女性ホルモンや自律神経の乱れは、精神的な症状にも関係してきます。そのため、生理前や生理中は不安感やイライラなど、情緒不安定になりやすいです。

薬を使わない鍼灸

鍼で生理痛、月経前症候群、月経前不快気分障害を根本改善できるツボは手足に多くあります。

鍼と幸福ホルモン

手足のツボ

手足のツボに鍼刺激を与えることにより、脳内からセロトニンの分泌が増え、生理痛も緩和されていきます。

薬の効果

生理痛、月経前症候群は、原因が複雑なため、薬や、生活習慣の改善でも、なかなか良くならない方が多いのです。

鍼が脳へ

鍼刺激には、体性自律神経反射から、前向きな気持ちを起こさせます。

東洋医学の良さ

生理痛、月経前症候群は、多方面からのアプローチが必要な為、東洋医学的な発想をもつことも必要だと考えています。

お腹の調子と全身症状

根本改善していくため、お腹にある小腸の状態はとても大切です。小腸は、消化吸収の他にホルモンを造る、血液を造る臓器です。冷えてる部分や硬い部分があると痛みや身体の機能不全につながります。

生理痛、月経前症候群の症状である頭痛、お腹の張り、腹痛、腰痛、手足の冷え、熱など、身体の症状に注目することが大切です。これらを解決するには、鍼で身体全体のツボを上手に施術することが重要です。

股関節と仙腸関節

仙腸関節は僅かに動く構造になっています。ポンプ作用で血流を押し上げます。

股関節の動きをよくすることで、骨盤内の子宮・卵巣の血流を促すことで痛み物質のプロスタグランジンが代謝され、痛みが減少します。

自律神経と血流促進

血液中の酸素が、子宮、卵巣に送り込まれ、活性することで生理周期が安定します。生理周期の安定がホルモンバランスを整えます。