突発性難聴、耳鳴り

難聴と耳鳴り

こんな悩み

行き詰まっていませんか?

突発性難聴の症状

突発性難聴、耳鳴り

はり施術が有効です

突発性難聴

原因は

突発性難聴、耳鳴りを訴える方には身体的な特徴と習慣があります、当院ではこのような方が症状を訴えやすいと考えています。

共通点

  1. 首すじ・肩・背中に強いコリや張りを感じていた。
  2. 強い疲労感、精神的なストレスを感じていた。
  3. いつもは感じない音が敏感に感じられた。
  4. デスクワークでパソコン・事務仕事等の時間が長い。

突発性難聴

耳鳴り・難聴を引き起こすものは諸説あり本当の所わかりません、病院で詳しく検査をしても原因の特定が難しく治療法が確立されていない為、現代医学でも症状を軽減させるために、それぞの難聴タイプに合わせて薬物療法、星状神経ブロック、TRT療法、マスカー療法、心理療法などが行われています。

ある日、突然

突発性難聴とは「突然に耳が聞こえなくなる」ものを指し、全ては解明されていないのですが、内耳の血流低下が原因という現在の見解です、諸説あり

突発性難聴と耳鳴り

聴力が低下すると脳が聴・内耳神経の感度を高くする(もっと聴き取ろうとする)為に今度は普段は感じない音(聞き取れない音)が聞き取られ「耳鳴り」になりやすくなります。病院で一通りの検査をしてオージオグラム(聴覚検査)で感音性難聴の所見と原因が掴めない場合には「突発性難聴」の診断となることが多いのです。

耳鳴りの種類

  1. 自覚的耳鳴り(患者さんのほとんど、大多数)
  2. 他覚的耳鳴り

難聴の種類

  1. 伝音性難聴 外耳・中耳の障害
  2. 感音生難聴 内耳・聴神経・脳の障害
  3. 混合性難聴 伝音難聴・感音難聴の両方の原因をもつ難聴
  4. 後迷路性難聴 感音性難聴のうち、特に蝸牛神経~前庭~脳の障害による難聴

感音性難聴

耳鳴りを併発しやすい感音性難聴は「突発性難聴」「メニエール病」「外リンパ瘻」「老人性難聴」です、耳鳴り症状を訴える人の80%に難聴がみられるため、耳鳴り・難聴は切り離すことが出来ません。

病院の治療は

治療は投薬

  • 病院で血流改善や筋肉を和らげる薬をもらい飲んでいる
  • 病院でステロイドの点滴、ステロイドの注射をしている
  • 病院で高圧酸素療法をしている
  • 耳閉感がある
  • 耳鳴りが邪魔して聴こえない
  • 頭痛、めまいを伴うなど

治療しているのに、耳に変化が無い方。この様な病院の治療でも症状が改善されないのであれば、鍼の施術を受けてみるべきであるうと考えます。耳鳴り・難聴は症状が出てから一週間以内であれば高い確率で良くなりやすいのですが、時間の経過とともに確率が下がっていきます。

鍼灸(はりきゅう)

鍵「早期の施術開始」

現代医学で治療法が確立されていない為に、なかなか症状の改善がない、治るのかが不安でしたら、是非一度ご相談ください。しかしながら解決の糸口は時間にあり、治療は早いほうが良く、陳旧化(三ヶ月を超える)すると改善されない場合が多く、早期(一週間から一ヶ月以内)、最長でも三ヶ月までに施術開始しなければなりません。

通院の目安は

  • 【耳鳴り・突発性難聴の場合】は一週間に2~3回の施術
  • 【耳鳴りだけの場合】は一週間に1~2回の施術

がおおむねの目安です、個人の症状、経過、環境などによって変化します。

症状が出てから鍼施術の開始までの時間が短いほど、得られる効果が高くなります、治療期間は一ヶ月~三ヶ月。

耳鳴り・突発性難聴の治療例

耳の構造と働き

内耳と耳の構造

外耳

音は空気の振動(音波)です。まず耳(耳介)は音波を集めます。耳の穴(外耳道)は音波を中耳に伝える部分です。外耳道はラッパの管のように音を増幅させる効果があります。音波は鼓膜を振動させます。この鼓膜の振動が中耳(ツチ骨)に伝わります。


中耳

鼓膜の奥には鼓室があり、鼓膜には3つの耳小骨(鼓膜から順に「ツチ骨」「キヌタ骨」「アブミ骨」が繋がっています。鼓膜に音が当たって振動すると、鼓膜に付着している耳小骨を経由して内耳の蝸牛管に伝わります。耳小骨は「てこの原理」で鼓膜の振動を約3倍にして内耳に伝え音を大きくさせます、中耳は空洞になっていて内腔は粘膜でおおわれてています。「聞こえ」という機能を保つために粘膜はとても重要な働きをしています、1、換気機能(空気の入れ替え)です。空気圧が適正な圧(鼓膜の内と外が同じ圧)でないと、鼓膜がうまく振動しません。このほかには2、排泄機能です、粘膜は粘液を出し再吸収します、その時に細菌の死骸なども吸収する為に細菌による感染を起こしますし、その死骸は毒素を出し粘膜を傷害します。この分泌・吸収のバランスが崩れ炎症すると中耳腔が水浸しになり障害を与えます。中耳腔は耳管で上咽頭(鼻の奥)と繋がっています。

内耳

聴覚を担当する蝸牛と平衡感覚(バランス)を担当する前庭(卵形嚢・球形嚢・三半規管)からできています。蝸牛とは「かたつむり」の事で、その形から名前が来ています。蝸牛管にはリンパ液が入っていて、耳小骨の振動でリンパ液が揺れ、その揺れを有毛細胞(感覚細胞)が捉えて電気信号に変え蝸牛神経に伝えます。神経は電気で伝わり、有毛細胞は蝸牛の内側に並んでいて、その場所によって担当する周波数(音の高さ)が違います、電気信号は、蝸牛神経を通って大脳に伝えられ、大脳皮質の聴覚をつかさどる部位がその信号を認知・処理した時にはじめて「音が聞こえた」と認識し、それが何の音なのかを識別します。内耳には聞こえだけでなくバランスもつかさどっています。卵形嚢・球形嚢は耳石系(先に石が載っている短い毛が密生しています)と呼ばれ、直線方向の動き・重力・遠心力を感知します。三半規管は回転運動を感知します。この信号は前庭神経に伝わります。神経が過敏な状態であれば、少しの頭の移動でもグルグル廻ります、神経が鈍感であれば適切に頭の移動の変化を捉えることができずに平衡障害(バランス)が取りにくい状態になります、また前庭神経自体が傷害されても平衡(バランス)障害をきたします 。