突発性難聴への鍼

当院の施術

突発性難聴では、病院以外の方法として鍼灸施術が選択の一番です。

早い開始

病院では良くならなかった難しかったケースも、当院の鍼灸で良くなった症例が多数あります。ですが、効果の確率を上げるのが発症してからの早い施術の開始です。

突発性難聴に有効な鍼施術

回復の見込み

2年間病院の薬を飲んでいた方がいましたが、回復は見込めずらく、発症から1ヶ月以内のものでなければ回復の見込みが大きく下がってしまいます。

通院は短期集中

施術期間は1〜3ヶ月です。週に1〜2回の通院が必要です。3〜5回の施術で改善の兆しが現れた場合は、継続すると改善を見込めます。

なぜ鍼が有効か

内耳細胞を救う

酸素や栄養が内耳へ送られない状態が一定期間続くと、内耳の神経細胞が死滅すると考えられます。

 突発性難聴は、耳の内耳の血流が悪くなった事で起こると考えられます。

1.血流の改善

薬では作用が届かなくても、鍼が得意な細かい作業で、関節の動きを良くし、内耳血流の改善を促します。

ポイントは耳の周りだけを血流改善させることです、薬ではできません。

2.首筋の凝り

突発性難聴になってしまった方には共通点があります。それは胸鎖乳突筋や斜角筋の緊張がとても強いことです。

首の筋肉の緊張を取り除いて、内耳への血流が不安定状態を改善させることが重要です。

3.顎と肩甲骨の凝り

突発性難聴や耳鳴りに顎関節は重要です。その顎関節には、首筋や肩甲骨の筋肉も関係しています。

顎関節につながる筋肉が緩むには、肩甲骨全体の筋肉を柔らかくすることが必要で、その為に手、足、背中のツボを使います。

顎関節の動き

耳管とは、耳と鼻をつなぐ管のことで、これは普通は閉じていますが、唾液を飲み込んだり、アクビをした際、顎が大きく動くと開きます。

顎が大きく動いて、鼓膜の外側と内側の気圧のバランスをとっています。

当院のツボ

少数のツボだけに鍼を使うことで、効果が分散させずに集中できます。

効果の差

効果が高いツボだけを選んでいます。耳の周辺に鍼をすることはありません。耳の奧に効果が及ぶ手足のツボを主に使用しています。

軽微な症状では、5回未満で完全回復する例もありますが、殆どの場合、5回以上の施術が必要となります。

想いに応える

当院を訪れる方は耳鼻科で効果がなかった方です。鍼を試してみたい気持ちが決まったなら、早い施術開始を決断しなければなりません。

本当に良くなるのか

突発性難聴

施術結果

成果は【発症からの日数×重症度×通院回数】条件次第です。結果として、ほとんど回復する例、半分程回復する例、若干回復する例など、結果はそれぞれです。常によい結果を目指していますが残念な例もあります。

可能性

鍼灸は現代医学では不得意分野の突発性難聴の可能性をもっています。可能性は早く施術を始めるほど高まります。よく検討し、決心したら1日でも早くご相談ください。