頭痛

頭痛

こんな風に思ってませんか

頭痛薬
頭痛は治らない
頭痛はマッサージ

医学的な頭痛

1、機能性頭痛

【機能性頭痛】頭痛の90%を占める、女性に多い、慢性頭痛

  • 筋緊張型頭痛(筋肉の緊張からくるもの)機能性頭痛の70~80%、原因は強度の肩コリ、首コリ。
  • 偏頭痛(吐き気、嘔吐する)原因は血管説(セロトニン学説)、三叉神経説など不明。
  • 群発性頭痛(片側の目の奥をえぐる様な強い痛み)機能性頭痛の1%で若い男性にみられる。

頭痛の大多数

【機能性頭痛】普段、頭痛といわれているもので、治療院で扱う殆どを指します。「頭痛が酷くて脳神経外科でCT、MRI検査をうけてきた」と患者さんが話をされる事がよくあります、頭が痛いので脳がおかしな状態であると思い検査しますが、脳自体には知覚神経はないので、あまり痛い症状は出ずらく、頭痛は一般的には血管の悪戯であるといわれていますが、現代医学でもまだ全てを解明していませんが病態仮説が存在しています。

鍼灸の適応は

鍼灸での施術範囲は頭痛で90%を占める・筋緊張型頭痛・片頭痛・群発性頭痛です。

2、症候性頭痛

【症候性頭痛】急性頭痛、命に関わる頭痛で身体の全身症状が現れる、頭痛の10%位。

  • くも膜下出血(頭を強く一度叩かれる様な痛み)
  • 頭蓋内出血
  • 脳梗塞
  • 脳腫瘍
  • その他

頭痛よりも全身症状

危険な頭痛

【症候性頭痛】熱がある、手足・顔の麻痺、視覚の異常、上手く喋られない等の全身症状を伴いますので、救急を要する場合がほとんどの為、治療院ではほとんど出くわしずらいものを指します。

検査

病院での検査

頭痛で病院を受診した場合の検査は、それぞれの検査に特徴があります。

  • 脳CT…頭部外傷、脳出血
  • 脳MRI…脳梗塞、脳腫瘍、脳幹歩部の異常
  • 脳MRA…脳動脈瘤、脳動脈奇形、脳梗塞
  • 脳波…てんかん、脳腫瘍、肝性昏睡、脳血管障害
  • 脳血流検査…脳出血、脳梗塞、パーキンソン氏病、アルツハイマー病
  • 髄液検査…くも膜下出血、脊髄損傷、髄膜炎
  • 血液検査…貧血、動脈硬化、ホルモン異常

病院では薬の処方が基本

筋緊張型頭痛の投薬

  • 鎮痛剤
  • 抗うつ薬
  • 筋弛緩

片頭痛の投薬

  • カルシウム拮抗薬
  • β遮断薬
  • 抗てんかん薬
  • 抗うつ薬
  • アンギオテンシン変換酵素阻止薬

群発性頭痛の投薬

  • カルシウム拮抗薬
  • 抗そう薬

薬物乱用頭痛

薬物乱用頭痛とは?

安易な薬の服用

薬物乱用頭痛(MOH)は片頭痛、緊張型頭痛、あるいはその合併例に多く見られ、群発頭痛患者に起こることは稀といわれています。この頭痛は薬物の過剰服用がトリガーとなり、痛みの閾値が下がって、痛みの感受性が過敏になるってしまうことが原因と考えられています。

薬の過剰服用

手軽さ故に

薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛:MOH)になりやすい片頭痛は、頭痛が頻発する方たちにとって、手軽であり、簡単に購入し服用できるため、痛みから逃れるために、早めに薬を服薬するという悪い習慣がついたり、服薬量が増えてしまうという傾向があります。1か月に10回以上服用すると薬物乱用頭痛(MOH)を起こしやい状態にあると考えてもおかしくは無いのです。また、くすりの中でも、トリプタン製剤はエルゴタミン製剤や鎮痛薬に比べて、より少ない服薬回数でMOHになる傾向があるとの報告があります。

薬物乱用頭痛の診断基準

  • A頭痛は1ヶ月に15日以上ある。
  • B頭痛の急逝治療および対症療法の薬が3ヶ月を超えて服用されている。
  • C頭痛は薬物乱用のある間に出現あるいは著名に悪化する。
  • D薬物乱用の使用中止後、2ヶ月以内に頭痛が消える、もしくは以前のパターンにもどる。
薬物乱用頭痛

上記診断基準をもとに

  • エルゴタミン乱用頭痛:3ヵ月を超えて、1ヵ月に10日以上、定期的にエルゴタミンを摂取している。

  • トリプタン乱用頭痛:3ヵ月を超えて、1ヵ月に10日以上、定期的に 1つ以上のトリプタンを摂取している。

  • 単純鎮痛薬乱用頭痛:3ヵ月を超えて、1ヵ月に15日以上、単一の鎮痛薬を摂取している。

  • オピオイド乱用頭痛:3ヵ月を超えて、1ヵ月に10日以上、定期的に 1つ以上のオピオイドを摂取している。

  • 複合鎮痛薬乱用頭痛:3ヵ月を超えて、1ヵ月に10日以上、定期的に 1つ以上の複合鎮痛薬を摂取している。

頭痛の中では緊張型頭痛、片頭痛に次いで3番目に多い疾患です。頭痛を主訴に神経内科を受診する患者の 5~10%が薬物乱用頭痛に該当するとの報告もあり、頭痛外来においてはその数はさらに多いと言われています。

当院の頭痛

頭痛に有効な鍼灸

病む場所は

頭のどの辺りで痛いのかは、施術の大きなヒントになります。大まかにどのへんで病んでいますか?


当院は頭痛を専門的に

当院は「頭痛」タイプを12種類に細かく分けて施術しています。痛みのある場所、部分別に細分化して観察しています。医学的な病院での分類の仕方では、対処出来ないと考えられるからです。

当院の「頭痛」12タイプ

  1. 全体タイプ 風邪などで発熱している時に多く見られる頭痛、慢性疲労でも多く見られる。
  2. おでこタイプ 微熱がある時や月経時に出やすい頭痛、精神的緊張も関わる。
  3. きんこじタイプ ズキンズキンと痛む場合と締め付けられるように痛む場合があります。
  4. 目の奥タイプ 群発頭痛と言われる頭痛で起こりやすい頭痛。
  5. まゆげタイプ 後頭部の緊張が誘発することが多い頭痛、三叉神経痛(第一枝)の場合も。
  6. まゆげの内側タイプ 頭と頚の境目の緊張が誘発する頭痛。
  7. 頭頂タイプ 眼精疲労が原因では重く感じ、後頭神経痛であればピリピリ感じる。
  8. 後頭Vラインタイプ うなじのコリが原因の頭痛、ピリピリすれば後頭神経痛の可能性も。
  9. 後頭部タイプ 背中の張りが強い場合に起こりやすい頭痛。
  10. こめかみタイプ 片頭痛で痛むことが多い、眼精疲労が原因であることも。
  11. 耳たぶの後ろタイプ 突発性難聴の前兆で起こることが多い、耳の疾患に要注意。
  12. 顔もやもやタイプ 頚の前の筋肉や大胸筋が緊張している場合に起こりやすい。