咽喉頭異常感症

選ばれる3つの理由


医師と鍼灸の科学的なエビデンスについて研究しています。


のどや、のどの周りに作用させる独自の施術が確立されています。


のどの調子が良くなり、私生活が充実される様に、早期の回復を目指します。


症状


のどの詰まり感、イガイガする

東洋医学では

今はヒステリー球というと分かるかもしれません。東洋医学では、咽喉を塞いでしまう病を梅核気(ばいかくき)、咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)と呼びます、これらは現代の咽喉頭異常感症だと考えます。

のど、違和感

この様な症状に名前が付いています。

  • 「梅核気」は梅の種がのどに引っ掛かった感じ。
  • 「咽中炙臠」は焼き肉がのどに詰まった様な感じ。
のどが塞がり息苦しい

実際には何もないので、吐いても飲み込んでも、いっこうに症状は改善されません。それに対し、東洋医学では治療方法がありました、それが鍼灸と漢方薬です。

病院では


のどの違和感や発声時の異常感覚を咽喉頭異常感症、神経性咽喉頭部狭窄症といいます。病院では、検査に異常がみられない為に、心療内科をすすめられる事も多く、ストレスによって生じることが殆どと考えられています。

病院で考える原因

原因は、のどの過敏性、そのほか、鉄欠乏性貧血、自律神経失調症、更年期障害、糖尿病。全身の異常がある場合は、うつ病、心身症、神経症など精神的なものと考えらています。

  • 「のどがイガイガする」
  • 「締めつけられる」
  • 「のどに何かできている」

特徴、検査は異常なし

鼻やのどの内視鏡検査、X線検査、CT検査をしても、訴えに見合うだけの異常や原因、器質的な病変が見つからないのが特徴です。原因が見つからない為にうつ病、心身症、神経症など精神的なものが関わりを疑い、それらの薬を処方される場合もあります。

病院薬の特徴


咽喉頭異常感症、ヒステリー球に効く特効薬はありません。その為、抗不安薬や抗うつ薬の処方がされます。

抗不安薬

抗不安薬は、ベンゾジアゼピン系抗不安薬と呼ばれ即効性があり、そのため、咽喉頭異常感症、ヒステリー球の症状が起きそうな時に急いで飲む、という頓服としての使い方もできます。ベンゾジアゼピン系は耐性と依存性があるため、長期間服薬することは推奨されていません。

抗うつ薬

抗うつ薬は、セロトニンの濃度を上げる事で不安を改善させる作用があります。落ち込みや不安などが原因である咽喉頭異常感症、ヒステリー球には抗うつ薬が用いられることもあります。抗うつ薬は耐性や依存性はありませんが、効果を感じられるのは10日位となります。

漢方薬

咽喉頭異常感症、ヒステリー球に処方される半夏厚朴湯は、鎮静作用、精神安定作用、筋弛緩作用を持つため、不安を和らげて気分を落ち着かせる効果があります。また鎮吐作用、去痰作用、健胃作用を持つため、のどの違和感にも効果が期待できます。

一般的な鍼灸院

のどの周り、首の周りに無数に鍼をする、鍼灸院もあるでしょう。しかし、当院の施術は咽喉頭(のど)への直接的な鍼はしません。なぜなら、効果が一時的であったり、効果があまり無いからです。

当院では


原因

当院では、のどと手指、胸鎖乳突筋の関係性に着目しています。さらに前頚部、鎖骨上窩を緊張させる全身のポイントをみながらツボを選びます。

胸鎖乳突筋が緩むような鍼

効果的なツボ

のどに作用するツボ

当院で使用するツボは他にもあります、臨床で効果を認識できたツボだけです。それらは、のど周辺にはありません。

施術期間

症状が、のど以外に呼吸に関した症状(息苦しい)がある場合、1週間に2度の施術が必要な場合もあります、のど単独であれば1週間に1度の間隔で施術が必要です。

鍼を試して下さい

鍼で良くなる、のどの違和感

病院での抗不安薬、抗うつ薬、漢方薬を服用してもなかなか治らなくて、不安を抱えているなら迷わずご相談ください。当院の鍼灸施術で、原因の解らない咽喉頭(のど)の不調が良くなった例が沢山あります。また、咽頭、喉頭(のど)の違和感と言っても、症状は様々です。しかし、どの様な症状があっても、あまり不安に思わず、是非一度、当院の鍼の施術を受けてみて下さい。良い状態へ導くことが出来るでしょう。