咽喉頭異常感症

ヒステリー球

特徴は検査異常が無い

のどの詰まり感、イガイガする

咽頭、喉頭、声帯

中医学では、気が上逆して咽喉を塞いでしまう病を「梅核気(ばいかくき)」「咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)」と呼びます。昨今ではヒステリー球ともいいますが、これらはまさに現代の咽喉頭異常感症だと考えられています。

咽頭、喉頭、声帯

声帯、声の異常

  • 声がかれる
  • 声が出ない
  • 声量が無い
  • 息苦しい
声が出ずらい

のど、違和感

中医学では、この様な状態に名前が付いています。梅核気は梅の種がのどに引っ掛かった感じをいい、咽中炙臠は焼き肉がのどに詰まった様な感じをいいます。実際には何もないので、吐いても飲み込んでも、いっこうに症状は改善されません。しかし、この様な症状は昔から数多く認識され、それに対し、中医学では治療法があった事を意味しています。

病院では

のどの違和感や発声時の異常感覚を咽喉頭異常感症、神経性咽喉頭部狭窄症といいます。病院では、ヒステリー球は、ストレスや葛藤によって生じることが殆どと考えられています。

西洋医学

  • 「のどがイガイガする」
  • 「締めつけられる」
  • 「のどに何かできている」

原因は、のどの過敏性などの問題、鉄欠乏性貧血、自律神経失調症、更年期障害、糖尿病。全身の異常がある場合は、うつ病、心身症、神経症など精神的なものが関わっていると考えらています。

検査は異常なし

  • 「のどがつかえる」
  • 「しめつけられる」
  • 「何かできている」
  • 「くすぐったい」

のどの違和感、異常感覚のことをいいますので、鼻やのどの内視鏡検査、X線検査、CT(コンピュータ断層撮影)検査をしても、訴えに見合うだけの異常や原因、器質的な病変が見つからないのが特徴です。原因が見つからない為にうつ病、心身症、神経症など精神的なものが関わりを疑い、それらの薬を処方される場合もあります。

のどの働き

声を出す

のどの奥には声帯があり、左右の襞(ひだ)が振動することで発声しています。

咽頭と喉頭

のどは、咽頭と喉頭に分けられます。咽頭は鼻の奥から食道入口まで。喉頭は気管の入り口をいいます。のどは、鼻からの道と口からの道の交差部です。呼吸において空気を取り入れて気管へ送る役割と、食べた物や水分を食道へ送る役割とが、のどの役割です。

免疫系

のどは、空気中のウイルスや埃の細菌などが、体内に侵入するのを阻止する防波堤となっています。ウイルスが侵入した場合、痰の形となって体外に放出されます。

病院では薬

抗不安薬

抗不安薬は、ベンゾジアゼピン系抗不安薬と呼ばれるもので、抗不安作用(不安が和らぐ)、催眠作用(眠くなる)、筋弛緩作用(筋肉の緊張がほぐれる)、抗けいれん作用(けいれんをおさえる)といった作用が期待できます。ベンゾジアゼピン系抗不安薬は即効性があり、そのため、咽喉頭異常感症、ヒステリー球の症状が起きそうな時に急いで飲む、という頓服としての使い方もできます。ベンゾジアゼピン系は長期連用していると徐々に耐性と依存性が形成されることが分かっているため、長期間服薬することは推奨されていません。

抗うつ剤

抗うつ剤は、抗うつ作用やセロトニンの濃度を上げる事で不安を改善させる作用があります。そのため、落ち込みや不安などが原因である咽喉頭異常感症、ヒステリー球には抗うつ剤が用いられることもあります。抗うつ剤は抗不安薬と違って耐性や依存性はありませんが、効果が出るまでに10日前後はかかってしまいます。そのため、治療が長期に渡りそうな場合は、抗不安薬から抗うつ剤へ薬物を切り替えていくことがあります。

漢方薬

咽喉頭異常感症、ヒステリー球に処方される半夏厚朴湯は、鎮静作用、精神安定作用、筋弛緩作用を持つため、不安を和らげて気分を落ち着かせる効果があります。また鎮吐作用、去痰作用、健胃作用を持つため、のどの違和感にも効果が期待できます。この二つの作用から、のどに何かが詰まっているような感じがするといった症状に効果的な漢方薬です。他にも柴朴湯、柴胡加竜骨牡蛎湯、甘麦大棗湯などが用いられることがあります。漢方薬には、不安を和らげる作用に優れるものもあり、咽喉頭異常感症、ヒステリー球の治療に有効です。即効性はなく、数週間は薬を続ける必要がありますが、副作用が少ないです。

鍼灸では

病院では、咽喉頭異常感症、ヒステリー球はストレスや葛藤によって生じることが殆どと考えられている為、対処が難しかったり、抗うつ薬、抗不安薬の処方で経過観察となってしまいます。

一般的な、鍼灸院は

のどの周りや、首の周りに無数に鍼をする、はりきゅう院もあるでしょう。しかし、当院の施術は咽喉頭(のど)への直接的な鍼はしません。なぜなら、効果が一時的であったり、効果があまり無いからです。

効果的なツボ

のどに作用するツボ

試して下さい

科学薬、漢方薬を服用してもなかなか治らく、不安を抱えているなら、迷わずご相談ください。当院の鍼灸施術で、咽喉頭(のど)の不調が良くなった例が沢山あります。また、咽頭、喉頭(のど)の違和感と言っても、症状は多岐にわたっています。しかし、どの様な症状が伴っても、あまり不安に思わず、是非一度、当院の鍼の施術を受けてみて下さい。良い状態へ導くことが出来るでしょう。