当院での頭痛施術

頭痛

肩コリ・首コリの影響

頭痛、「肩コリ」の影響

肩こりを解消せずには頭痛は治らないと考えています。しかし、人によっては、その肩こりを自覚していない場合もあります。意識はより痛みの強い方に向かうため、頭痛が激しい時は肩のコリ感が隠れてしまうからです。逆に言えば、頭痛があって肩こりを感じない人ほど、頭痛のレベルが高いことになります。 治療を進めると「頭痛は軽くなったのに肩こりが激しくなった」と訴える患者さんがいらっしゃいます。肩こりを感じる余裕ができたことになります。その肩こりはそのまま治療を継続すると消えます。もちろん、その頃には頭痛もすっかり消える事になります。

頭痛、「首コリ」の影響

頭痛の原因に直接関わっているのは、項(うなじ)です。項のコリがほぐれることで頭痛は軽くなります。ただし、項に直接鍼をして、ほぐそうとすると、その反動で頭痛が一時的に悪化する場合があるため慎重に行わなければなりません。

【肩甲骨の役割】また、肩甲骨の動きが悪くなると、頭部の動きを項の筋肉が単独で支えなければならず、大きな負担となります、その負担に耐えようとして筋肉が強ばります。強ばりが一定期間続くと筋肉が柔らかくなるのを忘れてコリコリしてきます。これが項にコリができるメカニズムです。頭部の動きに合わせるように肩甲骨も動いてバランスを取っているのです。このような連動があるおかげで、項の筋肉の負担が軽く済んでいます。

肩甲骨の負担

肩こりを産む原因

肩コリを治療すればいい?

頭痛と肩こりの関係が分かっただけでは、精度の高い頭痛治療はできません。肩こり「コリ」の原因を治療する必要があります。凝っている所に鍼をするだけでも、コリが緩んで楽になりますが、このような方法は肩コリの原因にアプローチしているとは言えません。肩コリは、骨格的な問題でも内臓の不調でも起こります。ですから、筋肉や骨に詳しいだけでは万全ではありませんし、内臓からの影響も考えながら原因を探さなければなりません。こうしたことから、頭痛治療は総合治療といえるでしょう。

原因は多種多様

コリと頭痛の関係についてのイメージです、実際には様々な原因がコリを作り出し、頭痛を引き起こします。医学では機能性頭痛を3種でわけていますが、それでは足りないと感じています。

  • 原因A➡肩こりA➡緊張型頭痛
  • 原因B➡肩こりB➡偏頭痛
  • 原因C➡肩こりC➡群発頭痛

図は、腰の原因Aが、肩こりAをつくり、そして、筋緊張型頭痛を引き起こすもの。実際には更に複雑なメカニズムを持っています。

緊張型頭痛

頭痛と「肩こり」

痛い部分ごとに頭痛を分ければ、多くのタイプ分類が存在します。そして、頭痛を紐解くと肩コリに行きます。しかし、その肩こりにも、それぞれの原因があり、身体の多方面より多種多様な影響があるため、「頭痛の原因は肩こりです」と一言で片付けるわけにはいかないのです。頭痛を治そうと思うなら、肩こりを引き起こしている原因にも、更に迫っていかなければなりません。そのためには高い専門知識が必要です。

肩甲骨と骨盤

肩甲骨

肩甲骨の働きは極めて重要です。腕を動かしているのも肩甲骨です。肩甲骨の動きを止められてしまうと腕を自由に動かすことができません、胸椎と連動も重要です。胸椎は心肺機能と深く関わる位置だけに、肩甲骨も心肺機能と深い関係があります。肩甲骨の動きが鈍ると呼吸が浅くなります。十分な酸素と血液が全身に巡らず、内臓機能は低下し筋肉は柔軟性を失います、さらに呼吸の乱れは精神を不安定にさせます。

肩甲骨

骨盤

肩甲骨の重要性は、項、腕、胸椎との関係性だけでも十分ですが肩コリには骨盤の状態も影響します、仙腸関節(左右の寛骨と中央の仙骨でなる)は若干、捻じるように動き筋肉循環、関節運動、機能的運動に影響を与えますが、この部分の筋肉が凝り緊張すると背骨も緊張し最終的に後頭部まで波及し、首、肩、背中、腰も凝っていきますし、骨盤前、背骨の臓器へも不調をきたします。頭痛を治す為、時には骨盤機能の調整が必要になります。

骨盤

頭痛分類と施術リンク

頭痛の専門分野を設定

医学では頭痛の90%を占める機能性頭痛を3つでわけていますが、実際に私が施術する時には、それでは足りないと感じています。なぜなら、部位ごとに頭痛を分ければ多くのタイプ分類が存在するからです。そこで、当院での分類を定めました。基準は頭の痛む位置、場所です。治療にあたっては「どこが痛いか」がもっとも重要であると考え、従来の分類は参考程度にとどめています、頭痛の型が分かればすぐに対処すべき肩こりの位置、ツボが特定できるようになっています。

当院の頭痛12タイプ

  1. 全体タイプ 風邪などで発熱している時に多く見られる頭痛、慢性疲労でも多く見られる。
  2. おでこタイプ 微熱がある時や月経時に出やすい頭痛、精神的緊張も関わる。
  3. きんこじタイプ ズキンズキンと痛む場合と締め付けられるように痛む場合があります。
  4. 目の奥タイプ 群発頭痛と言われる頭痛で起こりやすい頭痛。
  5. まゆげタイプ 後頭部の緊張が誘発することが多い頭痛、三叉神経痛(第一枝)の場合も。
  6. まゆげの内側タイプ 頭と頚の境目の緊張が誘発する頭痛。
  7. 頭頂タイプ 眼精疲労が原因では重く感じ、後頭神経痛であればピリピリ感じる。
  8. 後頭Vラインタイプ うなじのコリが原因の頭痛、ピリピリすれば後頭神経痛の可能性も。
  9. 後頭部タイプ 背中の張りが強い場合に起こりやすい頭痛。
  10. こめかみタイプ 片頭痛で痛むことが多い、眼精疲労が原因であることも。
  11. 耳たぶの後ろタイプ 突発性難聴の前兆で起こることが多い、耳の疾患に要注意。
  12. 顔もやもやタイプ 頚の前の筋肉や大胸筋が緊張している場合に起こりやすい。

頭痛は総合治療

肩コリは、骨格的な問題でも内臓の不調でも起こります。ですから、筋肉や骨に詳しいだけでは万全ではありませんし、内臓からの影響も考えながら原因を探さなければなりません。こうしたことから、頭痛治療は総合治療といえるでしょう。

有効なツボのエリア

前のツボ
後ろのツボ

「頭痛」対処の問題点

治らないと思っている

たとえば「片頭痛は治らないから一生付き合う病気」と思っている方が少なくありません。病院医師に「治りません」と言われても、それは「薬では治らない」という意味です、医師が頭痛治療する場合は投薬しかないのです。あきらめる必要などありません、私たちが最初に行う仕事は「この頭痛は治るかもしれない」という気持ちに導くことです。そのために、本当の原因を探すことから始めております。

薬を多用し、常習している

鎮痛薬

頭痛施術で最大の問題は薬の服用のしかたにあります。痛みを軽くしたいのか、根本から治したいのか。気持ちを固めることが必要です。痛みを軽くするだけなら鎮痛剤がお手軽です。


薬と決別する意味

でも、本当に治そうと思うならお薬には限界があります。根治をお考えるなら、いつかは頭痛薬とお別れしなければなりません。覚悟と勇気が必要です。薬物乱用頭痛:MOH