足底部疾患

モートン病

足の裏や足趾のしびれ感、違和感で、多いのがモートン病です。ハイヒールや足に合わない靴が原因であろうことが多く、足の裏の前のあたりに繰り返される衝撃があると、そこで炎症が起こり、圧迫されて症状が出てきます。

足底のアーチ

写真を断面で想像していただくと、足の指の間には指神経が通っています。細い神経なので、少しの力で圧迫されてしまいます。体重がかかり足の横アーチがつぶれてしまうと、支える力を緩衝する滑液包との間で指神経が圧迫され、足の裏のしびれが発生します。

モートン病

痺れ、痛み

繰り返し衝撃が加わる、幅の狭い靴、幅の広い靴によって横アーチが低くなり、落ちてくると、指神経が圧迫されて、痺れ、痛み、灼熱痛が出てきます。

症状

モートン病の症状

モートン病の足趾の痺れ

モートン病の症状は、図の赤印・青印の辺りの所を押さえると痛く、矢印方向への、しびれ、感覚の鈍化がおこります。図は第3趾と第4趾の間または、第2趾と第3趾で起こるようにイメージされていますが、他の指の間でも起こります。 


特徴は、図のように、2本の趾(指)にまたがって症状が出やすいです。

歩行時の体重移動

モートン病の体重移動

歩く時の足裏の体重移動を示したものです。まず踵に体重がかかり①、足の裏の外を通り、緩やかなカーブをへて、足の親指の付け根②に体重は移動します。そして、親指の付け根からそれぞれの指に向かって③体重移動して地面をけり、力が抜けていきます。


靴のせいで、足の動きが制限されると、正常でスムーズな体重移動ができず、赤印のところに体重移動してしまい、圧がかかってしまいます。また、外反母趾、内反小趾、扁平足、マレットフィンガーがあると、親指側で蹴ることが出来無くなり、体重移動が赤印のところに直接移動してしまい、滑液包炎や、腫れになり、指神経を圧迫してしまいます。

骨格、機能の関係

足底のアーチを崩す何らかの骨格的な問題は、モートン病を発症しやすくさせます。股関節、膝関節はダイレクトに足関節に影響し、ふくらはぎは、足底に影響します。

足底のアーチ

足根骨

アーチとは、足底の土踏まずをいい、横アーチは、母趾から小趾の根元にかけての中足骨を結ぶ盛り上がりのことで、正常な足部を前面から見ると、中指を頂点として5本の足趾に繋がる中足骨が、橋の様にアーチを作っています。アーチが崩れ、中足骨間に十分な間隔が無い場合にも指神経が圧迫されます。


踵骨に外側の足の指、第4・5趾2本が繋がって外側のアーチを作り、この上に、内側の足の指、第1・2・3趾の3本が繋がって内側のアーチを作る距骨が乗っています。さらに足首の関節は、距骨の上に脛骨が乗っています。この縦軸がしっかりする事で足底の横アーチが保たれています。