足底部疾患

足裏の痛み、足趾の痺れ

選ばれる理由


鍼灸効果の科学的エビデンスについて研究しています。


足の裏や、足の指へ作用させる鍼の技術を確立しています。


足裏の痛みが無くなり、また、趣味を楽しめるようになります。

足裏の問題が出た際に疑わしいものがあります。

モートン病

足の裏や足趾のしびれ感、違和感がある場合、疑わしいのがモートン病です。

足裏、指の腹あたりに繰り返される衝撃があると、そこで炎症が起こり、圧迫されて症状が出ると考えられています。

症状

足裏の同じ部分に衝撃が繰り返され、指神経が圧迫されて、痺れ、痛み、灼熱痛が出てきます。

足底筋膜炎

土踏まずが痛い、踵の前が痛いという場合に足底筋膜炎を疑います。

筋膜、腱膜は踵から指の付け根に張った膜状の腱組織でここに炎症がおこったものを、足底筋膜炎または、足底腱膜炎といいます。

症状

踵の前辺りから立てに縦ラインに痛み、違和感、痺れをともないます。動きだしの一歩目や、仕事から帰って一息ついたところで歩きだした時に痛いのが多いです。

足根管症候群

足裏が痺れるといった症状の場合、足根管症候群が疑われます。

内果、内くるぶしの後方にある神経の通るトンネルが圧迫される事でおこります。

症状

後脛骨神経支配領域での痺れや違和感がおこります。後脛骨神経は足裏全般に分布しています。