足根管症候群

足根管症候群

足裏のしびれ

足根管症候群

足裏がしびれる原因の一つに足根管症候群と呼ばれる疾患があります。足の「内くるぶし」にあるトンネルの中を通る神経が圧迫されて起きる疾患です。下腿の方から足の方へ向って下りてきた後脛骨神経は、足の内くるぶしの付近で枝分かれをして、足の裏の感覚(知覚)を主ります。内くるぶし後下方では、足根管というトンネルが存在して、後脛骨神経がその中を通ります。そこで圧迫を受けると、足の裏がしびれるというのが足根管症候群の原因です。

足根管の構造

足根管の構造です。後脛骨神経は内くるぶしの後ろを通ります。その内くるぶしと、踵骨をまたぐ屈筋支帯と呼ばれる筋肉のバンドの中を後脛骨神経が通ります。その屈筋支帯と骨との間で構成されたトンネルを、足根管といいます。足根管の中は、足の指を曲げる腱や、足を内側に動かす筋肉の腱が存在します。また他にも、動脈や静脈も後脛骨神経と並走し、傍を走っています。何らかの原因で足根管の中が満つとなり、後脛骨神経が圧迫されると、足の裏がしびれるという症状が起こります。これを足根管症候群といいます。

足根管症候群

足裏の神経支配

足裏を司る神経の支配域を表したものです。全て、後脛骨骨神経からの枝分かれした神経です。それぞれ担当する領域があり、内側足底神経は主に足の裏の親指側、外側足底神経は小指側、また踵周辺は内側踵枝が担当しています。足根管部分でも、圧迫される場所によって、しびれる領域が多少違います。また、足根管とは違う場所で圧迫が起こっていた場合でも、しびれる範囲が変わってきます。圧迫されている場所が、どこなのか、この神経領域の範囲で、おおよその見当がつきます。足の裏がしびれていつまでも変わらない場合、腰椎由来の原因の場合もありますが、足根管症候群も疑ってみてください。

足裏の神経

病院での診断

病院では、足根管症候群を引き起こすものとして、足根管症候群の原因は外傷後の足首の捻挫、果部骨折、踵骨骨折など、足首の変形、ガングリオンによる神経の圧迫や、動脈硬化した動脈などの圧迫、静脈瘤、浮腫、によるものが多く見られるとしています。全く原因が特定できない症例もみられます。足根管症候群の検査方法としては、病院の診察で、まず圧迫されている部分を軽くたたいて痛みがかかとから足の裏や指先まで広がるかどうかを調べます。この現象を、チネル徴候といいます。確定診断のためには、電気生理検査を行い、神経伝導障害の有無は、神経伝導速度を測定して調べます。後頸骨神経の伝導速度に遅れが認められると、確定となります。

手術でも予後不良

治療は手術しない方法の保存的治療が原則です。日常生活での注意点を指導し、薬としては非ステロイド系抗炎症剤やビタミンB製剤を処方します。しかし、これらの保存的治療にも効果ない症例や原因がガングリオンや足首の変形などであれば手術的治療を検討します。手術は屈筋支帯の切離を行い、原因となっている組織を取り除き、脛骨神経の減圧とその神経と並走する動脈の剥離を行います、剥離したあとも、癒着の心配があります。

問題点

後脛骨筋機能不全

患者さんを、正面を向いた状態で裸足で立たせ観察します。正面からの所見では、内くるぶしの腫れや偏平足がみられ、後から観察すると後足部の外反がみとめられます。内くるぶしの下から後方にある後脛骨筋の走行に沿って触診すると圧痛があることもありますが、病態が進行して後脛骨筋が伸びきってしまうと圧痛はみられないこともあります。

後脛骨筋

扁平足

足にはアーチ構造がありクッションの役目を担い、効率よく体重を支えています。土ふまずを形成する縦アーチが落ち込んだ状態を扁平足と言います。内くるぶしの後方にはアーチを持ち上げる働きをする後脛骨筋腱が通っていますが、外脛骨という後脛骨筋腱の付着部である舟状骨の変形によって、後脛骨筋腱の働きが悪くなると縦アーチが低下して扁平足になります。

回内足

後脛骨筋機能不全による縦アーチの消失からくる扁平足は、更に回内足を引き起こす原因となります。中高年の女性が内くるぶしの腫れや痛みを訴える場合、まず念頭に置かなければいけないのが後脛骨筋機能不全です。後脛骨筋の筋力低下が根本です。

回内足

歩き方

回内足になると、踵の軸が内側へ傾いているため歩行の際に膝が内側に入りやすくなってしまいます。そのため、ニーイン・トゥーアウトの状態を作り出してしまい膝や足首の内側部分に偏った負担を引き起こします。

回内足

可塑性

足根管症候群の痺れが出た段階で、知覚神経への変化がおきてます、それが痛み刺激による可塑的変化です。可塑性とは、弾性限界を超える外力によって生じた変形が、外力をのぞいても歪みとして残る性質 。可塑的変化とは、弾性限界を超える外力によって生じた不可逆的なゆがみを言っています。神経を徐々に痛めつけてから、タイムラグを経て痺れや痛みが感じられるので、とても厄介なものが足根管症候群です。

当院の施術

手術をしたけれど、良くならない方は特に違ったアプローチが必要です。とはいえ足根管症候群の症状は簡単ではありません、縦アーチの消失、扁平足、前脛骨筋の影響、回内足などの一面をもっている場合が多いからです。継続し施術をする事で少しずつ前進するものです。

首と踵骨の関係から狙う

屈筋支帯は踵骨に付着していることから、踵に作用できる首のツボに求めていくというものです。

腓骨から足関節を狙う

軸の調整を腓骨頭を調整し足根部を変化させてます。足関節の変形や、回内足、踵骨に距骨が軸上に乗っていない事に起因する場合の足根管症候群に有効です。

股・膝・足首

股関節から膝を通り足関節までの軸を整える施術です。どの部分の不調も、他部分の不調になるからです。動作は三位一体となる事でスムーズな運動軸ができます。

ポイント

足首の関節が大きく底屈と背屈が出来る足首にさせる事です。