足根管症候群

足根管症候群

足裏のしびれ

足裏がしびれる、足根管症候群という疾患があります。

足根管症候群

足の内果にあるトンネルの中を通る神経が圧迫されて起きる疾患です。後脛骨神経は、内くるぶしの付近で枝分かれをして、足裏の痺れに関わっています。内くるぶしには、足根管という隙間が存在して、後脛骨神経がその中を通ります。

足根管の構造

屈筋支帯と呼ばれる筋肉の内側を後脛骨神経が通ります。その屈筋支帯と骨との間で構成された隙間を、足根管といいます。

足根管症候群

足根管の中は、足の指を屈筋腱や、足を内側に動かす筋肉の腱があります。他にも、動脈静脈、後脛骨神経も通っています。足根管の中が窮屈となって、後脛骨神経が圧迫され、足裏がしびれるという症状が起こります。

足裏の神経支配

後脛骨骨神経からの枝分かれした神経です。、内側足底神経は母指側、外側足底神経は小指側、また踵周辺は内側踵枝がかかわっています。腰が原因の場合もありますが、足根管症候群と鑑別が必要です。

病院では

病院では、足根管症候群を起こすものとして、足首の捻挫、骨折、加齢による足首の変形、ガングリオンによる神経の圧迫や、動脈硬化した動脈などの圧迫、静脈瘤、浮腫、によるものとしています。

検査

徒手検査でチネル徴候を確認し、大まかに判断するとともに、神経伝導速度を測定します。後頸骨神経の伝導速度に遅れが認められると足根管症候群だろうという事になります。

手術しない方法を原則としています。日常生活での注意点を指導し、薬としては非ステロイド系抗炎症剤やビタミンB製剤を処方します。

手術

手術の場合、屈筋支帯の切って、原因となっている組織を取り除き、脛骨神経の減圧とその神経と並走する動脈の剥離を行います。

問題点

後脛骨筋機能不全

正面を向いた状態で裸足で立たせみてみると、正面からは、内くるぶしの腫れや偏平足がみられ、後から観察すると後足部の外反がみとめられます。

後脛骨筋

扁平足

足にはアーチ構造がありクッションの役目を担い、効率よく体重を支えています。土ふまずを形成する縦アーチが落ち込んだ状態を扁平足と言います。内くるぶしの後方にはアーチを持ち上げる働きをする後脛骨筋腱が通っていますが、外脛骨という後脛骨筋腱の付着部である舟状骨の変形によって、後脛骨筋腱の働きが悪くなると縦アーチが低下して扁平足になります。

回内足

後脛骨筋機能不全による縦アーチの消失からくる扁平足は、更に回内足を引き起こす原因となります。内くるぶしの腫れや痛みを訴える場合、まず念頭に置かなければいけないのが後脛骨筋機能不全です。後脛骨筋の筋力低下が基にあります。

回内足

歩き方

回内足になると、踵の軸が内側へ傾いているため歩行の際に膝が内側に入りやすくなってしまいます。

回内足

当院の鍼施術

手術をしたけれど、良くならない方は特に違ったアプローチが必要です。とはいえ足根管症候群の症状は簡単ではありません。

神経

足根管症候群の痺れが感じられた段階で、知覚神経は、相当なダメージをおっています。タイムラグを経て痺れや痛みが感じられているので、とても厄介なものが足根管症候群です。

首と踵骨の関係から狙う

屈筋支帯は踵骨に付着していることから、踵に作用できる首のツボに求めていくというものです。

腓骨から足関節を

軸の調整を腓骨頭を調整し足根部を変化させてます。足関節の変形や、回内足、踵骨に距骨が軸上に乗っていない事に起因する場合の足根管症候群に有効です。

股から膝、足首

股関節から膝を通り足関節までの軸を整える施術です。どの部分の不調も、他部分の不調になるからです。動作は三位一体となる事でスムーズな運動軸ができます。

ポイント

足首の関節が大きく底屈と背屈が出来る足首にさせる事です。